沿革

大正2年    先々代綾部高則が、岡山市東中山下において創業

昭和22年    岡山市富田町の新店舗で、先代綾部圭一が営業を継承

昭和43年    現在地に本社移転、事務所及び倉庫を新築
          同時に、株式会社綾部ガラスへ改組(払込資本500万円)

昭和46年    系列会社、株式会社硝進(工事施工)を岡山市浜野に設立

昭和49年    系列会社、株式会社綾部興産(販売・施工)を倉敷市に設立
           系列会社、株式会社津山硝進(販売・施工)を津山市に設立

昭和50年    セントラル硝子㈱との特約店契約

昭和51年    系列会社、株式会社備北硝進(販売・施工)を高梁市に設立

昭和51年    トーヨーサッシ㈱(現、トステム㈱)との代理店契約

昭和55年    増資、払込資本金2,000万円

昭和59年    硝子加工工場を岡山市に設立

平成2年     株式会社綾部ガラスを株式会社ADF・アヤベに改称
          新たに株式会社綾部ガラス(旧㈱綾部ガラス工事関係と
          ㈱硝進合体)を設立

平成12年    ガラス自動切断機導入(シギヤ精機製作所製CGN-47)

平成18年    ガラス加工機(面取用)導入(ACE製AM-111)

平成19年    ガラス加工機(ベベリング)導入(ACE製AM10C-45)

平成21年    大板用ガラス自動切断機導入(シライテック製)
           ガラス自動切断・加工・施工が自社で一貫して出来る体制を整えた
| 社長挨拶・沿革

投稿日:

Copyright© エコガラス:株式会社ADF・アヤベ(岡山) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.